幸せ心理学

部屋が片付いていると、生産性が上がり、健康になる!?

家に帰り、散らかった部屋を見て、「うわぁ。。」って思ったことありませんか?

小さなことでも、気付かぬうちに、人間はストレスを感じています。

小さなストレスの積み重ねにより、人間の心は疲弊していきます。

片付けは、健康に関しても大きな影響を与えるということが研究により、判明しております。

 

突然ですが、

片付けにも関わる数字、150時間。これ、何だか想像できますか?

 

これはビジネスパーソンが1年に探し物に費やす平均時間です。とてつもない時間ですね。

1日でいうと、25分近くが、探し物に費やす時間となっています。

「そんなにか?」と思ったので、意識しながら仕事をしていた時期がありました。

すると、データ・書類を探す時間がかなりあり、昔の資料を探す時には、それだけで20分近くかかっていました。

家でも、よく財布や鍵をどこに置いたか忘れるし。。

 

そこで、今回は片付けに関する記事を書きました!

能率的な仕事・健康的な体・自由な時間を、片付けにより、手に入れましょう!

散らかった部屋・片付いた部屋の実験

散らかった部屋・片付いた部屋、それぞれ2つの部屋で、食事を取ってもらいます。

「部屋の片付き具合で、人間にどのような影響が出るのか?」といった実験です。

 

すると、散らかった部屋にいる人は、コーラやキャンディなど、甘いものや体によくないものを食べてしまう傾向が見られ、

逆に片付いた部屋にいる人は、りんごや牛乳など、自然で健康に良い食事を取る傾向が見られました。

また、片付いた部屋にいる人は、散らかった部屋にいる人に比べ、自己コントロール能力が高くなることがわかりました。

自己コントロール能力が高い人は、感情・時間・モチベーション・体調の管理がうまくできます。

 

部屋の状態がここまで、私たちに影響を与えているとは驚きですよね。

「最近太ってきたなぁ。」という方は、部屋を見渡して見てください。散らかっていませんか?

 

簡単!片付けの3つのルール

「よし!片付けよう!」と思っても、最初はすごく時間がかかるし、1日かけて片付けたのに1週間後には元どおり。。なんてこともあると思います。

そこで、簡単なルールを数個作ります。たくさん作りすぎると、逆に迷ってしまうので、3つくらいにするといいです。

以下のルールは、本などで私が読み、推奨したいルールです。

 

1年着なかったら、捨てる!

服は着ていない服だとなかなか捨てられないです。まだ数回しか着てないし。。と思うものですよね。

しかし、冠婚葬祭で着る服以外の普段着などは、1年着なかったらまず、必要ありません。

思い切って捨てるか・メルカリなどで売るのも一つです。

 

1つ買ったら2つ捨てる!

ものがだんだんと減っていくようにしていきましょう。買ったものと、捨てるものは関係なくていいです!

「靴を一足買ったら、使っていないボールペンとベルトを捨てる。」といった要領です。

そして、買ったものは、何か2つ捨てた後に使い始めるようにしましょう。

 

5秒で戻せるようにする!

取り出して使ったものを5秒で元に戻せるように、モノ1つ1つに住所を決めてあげましょう。

置き場所が決められていないモノは、散らかる原因となる、ストレスの元です。

 

捨てられない!と悩まないための3つの方法

捨てて、スッキリしたいのは山々だが、なかなか捨てられないですよね。

ここで、本当に必要なものかどうかを判断する方法を記載させていただきました。

 

いったん捨てたとして、それをまた買い直しますか?

1つ1つのモノで、試してみてください。本当に必要であれば、買い直してでも手に入れたいと思います。

なかなか続かなかった健康器具。まあまあ高かったし、気が向いた時には使うだろう。それを一回捨てたらまた買い直しますか?ということですね。

 

買った時に戻れたとしたら、あなたはそれを買いますか?

買った時は、「これ欲しい!」と思って買っているわけですよね。そして今まで、それを使う、もしくは見てきた。

それを踏まえて、「もし、買った時に戻れたとしたら、その商品を買いますか?」その答えが「いいえ」なら、

捨ててしまっても、問題ありません。なぜなら、あなたは使った上での、そのモノの価値を分かっているからです。

 

誰かが、買ってくれるとしたら売りますか?

お金を出して買ったものは、「もったいない」そう思います。しかし、それでは片付かない。では、「それを売って、お金に変わるとしたら売るか」を考えて見てください。

金額にもよると思いますが、大体売れる金額は、買った金額よりもかなり低いです。

この質問で、「売りたい!」と思ったものは、特別な思い入れが特になく、ただもったいないから保有しているだけです。

メルカリや、ヤフオクで売ってしまいましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

部屋の環境と片付けは、健康や生産性、自由な時間と密接に関係していたのです。

最初は1週間(午前だけ等)時間を使い、3つの手法を使ってものを捨てて、減らしていく。

その後、3つのルールに従いながら毎日10〜15分程片付けの時間を確保すれば、綺麗な部屋を維持できます。

「忙しくて、自由な時間が取れない!」なんて人は、特に、片付けを始めて、少しずつ自由な時間を手に入れましょう。